読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソザコ革野郎の乗り物日記

レザークラフト野郎が主にバイク(ホンダ グロム125→カワサキ 250TR&ZZR1100)と車(トヨタ マークII ブリット)について書きなぐっていくゾ

第9次YBCの思い出

楽しかったYBCからもう一週間も経つんやな〜
というか仕事が忙しすぎて全然記事にできなかったんですが(言い訳)
じゃけんおぼろげな記憶と少ない写真を元に思い出して行きましょうね〜

準備
今回YBCというかキャンツー自体初めてのぼく氏であったがキャンプ自体は5歳の時からテントに泊まっており今ではマット無しでも余裕で寝れるぐらいである。なのでマットはいらないな(余裕)
あとはテントと寝袋と食材とその他もろもろをサクッとホムセン箱(カインズで購入)に詰め準備は完了!閉廷!のハズだったがYBCについていろいろ調べていると地酒を持っていくのが主流とか交流には名刺が必要とか企画が色々あるらしい。
ただキャンプするだけじゃないのか……よし(ペチン)やれるだけのことはやるぞ!
お酒
山梨といえばワイン、しかも一升瓶を持って行ってびっくりさせたる!ということでワインの大瓶を地元の酒屋で購入(1.5リットル)車でいえばカローラです。
戸田酒販ホームページ
だがこの判断があのような結果を招くとは(不穏)
名刺
会場には数百人のホモもとい参加者が来場する会場では挨拶されても誰が誰だか分からない。そこで名刺を作成するのが恒例らしい。クソ雑魚な当職も当然名刺を……作りません(衝撃)

なぜなら名刺はアイマスライブで配ろうとして1枚も交換せずに終わった名刺の在庫が500枚もあるため作る必要はないのである(血涙)
なおこのブログのアドレスは入っていません(ホモは片手落ち)

ここまで用意して思ったけど印象弱い、弱くない?
どうしよう……コスプレはできないし、料理も自信ない。変なTシャツも持ってないし……と家の中を見回してみるとあるのは……革?

そうだ!革で簡単に作れるキーホルダーを作ろう。クソ雑魚革野郎と言いながら革要素が革ジャンくらいしかなかった為、夜なべして処分枠の革を適当なサイズに切り出して80枚近くのキーホルダーの在庫を作成。切り終わったら朝でした(池沼)今思うと数揃えるより完成品を作った方が良かったような(反省)
じゃあ俺かわせみ河原に向かうから……
行きの道中

クソデカホムセン箱をタンデムシートにくくりつけ、キャリアとの隙間を名刺の入った段ボールで埋めて、食材をツーリングネットで固定してハイ終了!
小生はホムセン箱乗せて走るのは初めてだけどAmazonでポチったロックストラップが実に優秀で一度固定すると実に安定している(ステマ

これなら高速乗るような長距離ツーリングでも安心。
じゃけん出発しましょうねぇ〜(午前3時)
しかし、しばらく走っているとどうもおかしい。主に股間の辺りが
バイクを降りるたびに股間が冷え冷えでリンゴに激痛が。あれぇ、おかしいな?気温のせいかな(8度)それともホムセン箱に圧迫されている窮屈なライポジのせい?これもうわかんねぇなぁ。
とにかく休憩を挟みつつヒを見て会場の様子を伺う。淫夢村の人たちを排気音で起こすのだけは避けたい。などと時間を過ごしているとヒに動きが。もうええやろ。会場に乗り込め〜。
YBC会場
そもそもYBCとはニコニコのツーリング動画をあげている人たちが始めたキャンプオフらしい(曖昧)逆算すると2007年ごろから始まったらしいがその頃のぼくはトグサがアイマスMADを見ている動画が切っ掛けでアイマスにハマり始めた頃かな(激寒自分語り)
そして目指す先は淫夢村を率いているcorocoma兄貴。何を隠そう兄貴が元でYBCの参加を決めたのである。

会場を2往復して見覚えのあるFZ6フェザーを発見。オッスお願いしま〜す。嬉しさのあまりバイクを降りた瞬間に名刺交換を始めようとしてホモはせっかちというお言葉を頂きました。
とりあえずテントを設営して話にそれとなく合流。じゃあゆっくり語り合いましょ
皆さん「じゃけんツーリング行きましょうね〜」
!?
ゆっくりするんじゃないんですかーーーーーーーっ!
どうやら淫夢民の皆様は走りに徹しているらしい。ぼくもしゅる〜とバイクを見てみると
・隼
・Ninja1000
・ZX-9R
・FZ6フェザー
・GSR400
・Ninja250
その他高性能なバイク
・250TR←ぼく
終わったーーーーーーーーーーーー!
これ完全に足手まといになるパターンだー!
しかもみんなバトルスーツ着用でジーパンにスニーカーなのはぼく氏だけ。これはかわせみ河原の出口の坂で離されるパターンですね。ぼくはお留守番します(真顔)

というわけで淫夢村に一人残りお留守番をすることに。まあ徹夜してるしゆっくり会場も回りたいし、まあええか。

それにしても続々と入場してくるな、と只々圧巻されるばかり。と言うかブラブラしているのに何で写真撮ってないんですか(困惑)
そのあとcorocoma兄貴のフォロワーさんを無理矢理淫夢村に引き込んだりかき氷食べたり昼寝したりして生まれて初めてのキャンツーを堪能して満足でした(小並感)
3時くらいにツーリング組が戻って来たゾ。今日はお楽しみでしたね。ね(キチスマ)

眩しかった太陽は傾き、夕暮れにみんなでご馳走を振る舞いあったりしました。ぼくは何もありません(屑)
翌朝
オッハー(二度寝
今日は予定があるので6時には出発したいなと思ったけど起きたら6時。まあ、何とかなるでしょ(王者の風格)
サクサク撤収して、誰も飲まなかったワインと一個も作らなかったキーホルダーの材料を持って出発。またいつか会いましょう!

帰りの道中でも股間が痛いのですが……
反省点
・ウケ狙いで大瓶の酒を持って行ってはならない
来年は一升瓶のブドウジュースにしよう(反省の色なし)
レザークラフトは完成品を持っていく
作ってる暇ないし工具がかなりタッパとるからなぁ
荷物の3割はレザークラフト関連でした(真顔)
やっぱ即渡せる完成品をを持っていくべきかな
・バイク装備を整える
淫夢民は皆が皆防御力高そうな(オブラート)フル装備だったのでジーパンスニーカーのぼく氏は浮きまくりでした。じゃけんヤフオクで装備を整えましょうね〜(散財)

来年は休みを取ってバッチリ参戦するぞ〜
ヌッ(仕事)ウーン(社畜